ホーム >> 書籍・江戸時代における尺八愛好者の記録 : 細川月翁文献を中心として

書籍・江戸時代における尺八愛好者の記録 : 細川月翁文献を中心として

通貨:



書籍・江戸時代における尺八愛好者の記録 : 細川月翁文献を中心として


商品番号: B9116
金額 ¥3,080 /
在庫状況: 
在庫あり



レビュー:
0.0/5 ( レビュー数)


虚無僧研究会会長の著者が、同会出版物「一音成佛」内の連載を加筆・訂正して単行本化。

副題にある「細川興文(月翁・げつおう)」は藩政改革に取り組み、芸術を愛した文武両道の(熊本)宇土藩五代藩主。

 

細川興文は政治面だけでなく、芸術・文化面でもマルチな才能を発揮した。

尺八は琴古流(きんこりゅう)黒沢琴古に師事している。自ら製管をするほどの尺八好きとされる。

貴重な資料を多数遺し、当書籍の三分の二は興文による文献が中心。

 

著:小菅大徹

 

日本語/全273ページ/A5サイズ/発行 2017.12 
 






© 2020 Mejiro Co., Ltd. All Rights Reserved